Education

勉強をするところ

Education

塾を有効活用する方法

塾の場合講師が指名して答えさせたり、時間をとって問題を解かせたりします。予備校の場合は講師の説明が基本で聞いているだけという形になります。 自分に合っている方を選ぶことが大切です。自力で復習をしたり、自発的に勉強するのが苦手な人ほど塾に向いていると言えます。また塾では無料で補習が受けれる機会が多いです。補習をあまり行なっていないところでも質問をいつでもすることができます。予備校とは異なり少人数の場合が多いのであまり待たずに質問することが出来ます。 塾を有効活用する場合、積極的に質問をしにいくことが大切です。学校の授業でわからなかったところを聞くことも出来ます。

費用はやはりお高いのでしょうか

実際に費用はどのくらいになるのでしょうか。まず、大学受験のコースと学校の授業の補講目的で通う場合ではかかる費用が異なります。また学年によっても異なります。 まず大学受験のコースです。平均的には高校1、2年生の場合は月に約33000円かかります。高校3年生の場合は月に約34000円かかります。年間約1万円以上の差がありますが約40万円程度かかります。高校1年生の頃から通っていた場合約120万円かかる計算になります。 次に授業の補講目的に通う場合です。こちらは高校1、2年生の場合月に約15600円かかります。高校3年生の場合は約16600円です。大学受験コースと比べるとおよそ半分程度です。 塾に通うのは予備校に通うよりも断然に安いです。もしも浪人して予備校に通う場合、年間約100万から150万円程度かかります。現役時代に塾を有効活用し、大学に合格する方が時間を無駄にすることも無く費用も安く済ませることが出来ます。